bisoamika55

ダンス・歌・エニアグラム・アートセラピー・ヌーソロジー・数秘術etc 自己探求の旅の記録

身体と頭のパートナーシップ

声に続き、、、

 


骨を使う

コアを使うと言うことに

フォーカスしていて

少しづつ

その感覚が育って来ています

 


楽に、楽に、

外側の大きな筋肉の細胞を休ませながら

歩く

 

 

これは心の在り方にも

すごく影響して来ます。

 

 

 

面白いな!と思いながら歩いていたら

ふと

筋肉の進展・収縮をマックスに使えてる人って

そりゃぁきっと、感情も豊かだろうなぁー

 


と思った。

 

 

過去に本当にマシュマロのような筋肉の方をマッサージしたことがあって

彼を思い出しました、、、。笑

 

 

 

ただしそれだと動物的な在り方でしかなく

わたしの好きなアニマンダラ的な解釈で観ても

幸せな結婚とは程遠い、、。

 

↓アニマンダラが気になった方はこちらをどうぞ

http://animandala.com/

 

 

 

筋肉と感受性・細胞記憶を理解すると

感情をダダ漏れにするだけでは無く

自分で丁寧に感じ、味わえるようになる気がします

こうなると

身体と頭とのパートナーシップのバランスが取れてきますね。

 


最近は自分の経験してきた事の理解が

どんどん追いついてきて楽しいです。

やはり頭も身体も両方使うって大事〜!

 

 

 

 

機能回復訓練としてのピラティスを始めてからは

自分の使えていない細かな筋肉をどんどん感じるようになって

コアを感じれるようにもなってきました。

 

 


身体を動かすことは好きで

幼い頃から

いろんなスポーツをしてきたけれど

間違えた使い方で怪我をしてから

コアが突っ張るような制限と

外側の筋肉で動かしている自覚がずっとありました。

 

 

バスケット→手首・足首の捻挫・打撲

スキー → 特に怪我はなし

ボディーボード→ 足首の捻挫→ 体側を得意な方に捻る癖

フラダンス → バランス回復傾向傾向

ベリーダンス → バランス回復傾向

 

こうして書いてみると

やはり左右差のある動作が怪我しやすいです。

ダンスはどちらも回復傾向。

 

 

怪我をかばって動く→ほかの筋肉を強めてバランスを取る→全体のバランスが崩れていく

 

 

こういった身体の使い方の繰り返しが

体癖という感受性のベースになって

性格が作られる(強靭になっていく自我のようでもあります、、、。)

のだけれど、バランスを壊したまま鍛えても

怪我をしやすい身体の状態を強めていくだけ

 

 

 


ピラティスのレッスンでは

 


全然使えてない

すごい力が入っている、、、!(the・無意識)

 


そういう自分の現状を一つ一つ

ただ受け入れる練習になっていて

とても良い時間となっています。

若い時ならばもっと、出来なさ加減にイライラしてたかもしれない、、。

 

 

今通っているのは大手のスタジオで

沢山のメニューがあるのですが

どれもが違う視点からアプローチしているものの

全ては同じコアの動作の為のレッスンです。

いろんな角度から伝えてくれるので

拾い落としたものを見つけやすいです。

 

 

 

3カ月目に入ってようやく

わたしに響きやすいインストラクターもわかってきました

今日のインストラクターの方もビンゴでした。

 

 

 

すごく細かく

すごくゆっくり

すごく丁寧に

レッスンを進めていく方でした

 

 


きっとそういう人は

わたしと同じように

外の筋肉を使って身体を固めた経験があるのだと

思います。

 

 

 

瞬発力はあるので

やっぱり白筋は使えてるのですが

コアである赤筋が、とにかく弱い!!!

ゆっくりじっくりレッスンって非常にキツイんだけど

最近はそれも楽しくなってきました。

 


身体が協力してくれている感じです。

 

 

これ以上この先に進めないでいる自分を

もっと楽にしてあげたいです。

間違えた使い方してきてごめんよ。

 

 

 

 

 

 

筋肉って自己を守る為の鎧でもあるので


強い身体の使い方の癖がある人に

セラピストが力ずくで凝りをほぐすと

鎧がとれてしまって抑圧した感情が出て来ることが多々あります。

 

必要なんだから、取らないで!

怒り出すことも 泣き出すこともあります。

 

 

 

たとえ

気持ちよかったー!

で終われたとしても

それは一瞬の出来事で

使い方が変わらないと身体の癖はすぐ元に戻ってしまう。

 

 

 

ボディーワークにも

エネルギーワークにも

運動にも言える事ですが

 

 

 

細かで丁寧なワークで

感じる変化は

すごーく微細ですが

身体も軽やかに浄化される感じがします。

 


根本的な変化って

目に見えにくいものの積み重ねであって

力ではどうにもならないのです。

 

 

 

自分のパートナーである身体と

向き合いながら

ゆっくり癖を解いて

新しい使い方を一緒に模索して行きたい。

 

 

この再構築は

ほかの誰でもない

自分自身が頼りです

 

f:id:PUKU:20190510180400j:image

受けたWSは

ピラティスの為のテンセグリティ

人間の筋膜がどのように連携を取っていて

バランスがどのように崩れていくのか・どう整え直していくのか

を学びました

 

これを構築したのは建築家!

 

精神にしても身体にしても構造を学ぶのは面白い❤️

 

 

 

 

 

パンチャカルマ後の排泄

インドでのアーユルヴェーダのパンチャカルマ後から

食事記録と身体反応日記をつけているのですが、これがなかなか面白いです。

 

 

ゲップ=ピッタ🔥(ヴァータ🌬もあるかな?)

胸焼け=ピッタ🔥

口内炎=ピッタ🔥

粘性便=カファ💧

下の歯型=カファ💧

 

 

✳︎3つのドーシャ

ヴァータ=風

ピッタ=火

カファ=水

 


ピッタ的な反応が多いですが

インドに行ってからずっとベジタリアンなので

前日に食べたものというより

やはり蓄積していたものの排泄反応のようで

日々の食事を調整中。

 

 


水分代謝の問題は和食の塩分摂取了量を

(味噌汁・ぬか漬け・干物など)

改めて感じる機会となりました。

 

 

 

更年期に差し掛かるころなので

ホルモンバランスも大いに関与してる事とおもいますが

台湾やインドではじっとしているだけで汗をかくし

日本で無理して汗をかく運動をするより

いっそのこと、暖かい場所で生きる方が向いていそうな気もします、、、。

 

 

 

ヴァータ🌬としての反応は、インドで

節々の関節の痛みとして出ただけでしたが

ピッタ🔥やカパ💧の反応も動かして出すヴァータ🌬の力が

働いてくれているからこそ、出せるのです。

ヴァータが働かないと生命活動そのものが滞るのですね。

 

 

 

オイルトリートメント・点鼻ナスヤ・浣腸バスティ

などで薬草オイルの経皮吸収・粘膜吸収をしていますが

アーユルヴェーダの排泄反応は

断食の反応よりも繊細な気がしています。

特に油溶性の老廃物を出せるのは油だけなので

アーユルヴェーダの特異性を感じます。

 

 


老廃物の蓄積量など、人によってはもっと反応がありそうですが

断糖反応もないので、体温の低下や頭痛もなく

断食よりずっと安全で、優しいのかも。と感じました。

 

 

 

ネットサーフィンをしているとアーユルヴェーダの出典の中に

断食の記載もありました。

体力があったり、かなりアーマの溜まった人向けなのかな?

興味があるので調べてみたいと思います。

 

 

 


こんな風に観察を続けていたある朝

仙骨の違和感に気が付きました。

 


実は今までに2度仙骨の打撲をしています。

 

 

 

1度目は4年前

アースバックハウスの建築中、兵庫の山の中での事故

落ちてきた女の子を身体で受け止めた時の打撲。

 

 

 

レントゲンに異常がなかったので鍼灸治療をしながら

ベリーダンスで治しました。

 

 

 

当時のベリーの先生が

ピラティスのインストラクターだった事もあって

わたしの可動域は打撲前よりもずっと良くなって

踊りも一番踊れるようになっていきました。

 

 

 

 


年末に東京へ越した直後に再び仙骨を打撲してから

腰背部が固くなっているのを感じたので

ベリーダンスを再開したら

可動域が本当に少なくなっていて。

 

 

 

ピラティス筋膜リリースを学んだのをきっかけに

機能回復訓練としてのピラティスを始めました。

 

 

 

仙骨の違和感を久しぶりに感じたのは

骨盤底筋のクラスの翌朝でした。

 

 

 

仙骨に諭氣をしながら感じていると

そういえば1度目の仙骨打撲はちょうど今頃だったと

思い出しました。

 

 

 

古い傷が動く時期でもあり

仙骨を動かして刺激した事や

パンチャカルマ後でドーシャが動いている事が

相互に関係しているのだと感じます。

いずれにしても、内向したものが出て行くのは

ウェルカム!

 

 

 

人間の身体ってすごいなぁと

学ぶほどに感じます。

 

 

 

こういった身体の小さな反応や動きを観察するのは

忙しすぎると出来ないと再確認させられています。

 

f:id:PUKU:20190419050444j:image

 

写真はDr.から処方された薬

辛い・苦い・渋い!

カファを下げ消化機能をサポートするものが多いです

 

 

源の声 2 〜倍音声明瞑想・オーセンティックボイスを探して〜

 


歌の練習や

いろんなワークショップ、セミナーに参加しているうちに

体感として気付く事が増えて来ています。

 

 

仮面としてのペルソナの声や

遠い遠い過去の記憶のような

トーテムの声など

 


考えてみると

 

人間とは 複数の声を持っているのだな

と、日常の中で

実感するようにもなって来て。

 


 

 

そんな事を感じ始めた時

永沢哲さんの ボイスオブスピリットに参加して

初めての倍音声明瞑想を体験しました。

 

f:id:PUKU:20190404014824j:image

 

この倍音声明瞑想は

チベット密教ニンマ派の行法の一つを

トランスパーソナル心理学を日本へ紹介された吉福伸逸先生と

成瀬ヨーガの成瀬雅春先生がアレンジしたもので

チャクラに対応した音を身体に低く響かせます。

 

 

 

ヨガ・オブ・ボイスではサンスクリット語でしたが

倍音声明では日本人の為のアレンジという事で、

母音でした。

 

 

 

とてもシンプルなワークでしたが

途中でいろいろな倍音共鳴が起こって

沢山の音や声が聴こえて来ました。

 

 

ワークの中盤に差しかかった頃、

まるで笛のように喉から伸びた管が響き

空間としての体腔全部も響いて

身体が全身で振動した感覚がありました。

 

 

 

声を出しながら

あーーーー。

なるほどーーーーー!!!

 


これか〜〜〜!

 

 

 

じわっと感動する体験でしたが、、、。

 


数日後のJAZZレッスンでも

ちょっとしたブレイクスルーが起きました。

 

 


レッスンのはじめ

なかなか出にくかった声。

 

『もっと背中に息を入れて、支えにする』


先生の言葉を意識していたら、、、。

 

 

突然、

声明瞑想の時のように

体腔を使って歌えたのです。

 

 


喉も締まらないし

声もでる

息も続く

体腔が、響いてる!

 

 

えーーーーーーーー!

普通に歌っても

ああなれるの???

 

 

 

 

『あーーー!

なんかちょっとわかってきました!』

と思わず叫んだら

 

 

 

『そう!

今わかったね。その感覚を忘れないで。』

と、先生も力強いエールを下さいました。

 

先生に倍音声明瞑想の事を話してみると

ご存知でその場で歌ってくれたのだけど

流石の!響きでした。


 

 

わたしが感じ始めたこの声が

本に書いてあった

源の声 ~オーセンティックボイス~

なのかもしれない。

と、思い始めています。

 


 

ヨガ・オブ・ボイスで次々と現れてくるのは

個々のトーテム達の声

( ☝︎わたしはそう思っています・笑)


 

どちらも気持ち良いけれど

体腔を使えている時の声は

重なっている?というか、、。

身体の全てが発動している感じなのです。

 


 

まるで、トーテム達と一緒に唄っているような気持ち。

和多志を構成する存在達が

仲良くなって来たのかもしれません。

 

 

和多志が奏でるハーモニー

 


それは、クジラの唄🐋だね~♬

なんて洒落たメッセージを

アニマンダラのアニさんからも頂いて

幸せな気持ちになりました。

 

 

 

 

多くの人が

オーセンティックボイスを見つけて

話すことが出来れば、

なんて素敵だろうと心から思います。

 

 

 

トーテム達と

心地よいハーモニーを奏でられるよう

これからも精進します♬

 

魂の計画したプロセスに沿う

アーユルヴェーダを学びに

インドに来ています

 

 

魂の計画というのかな?


宿題を残していては

これ以上先には進めないのだろう

そんな事を考えるようになった

この数年間でした

 


人生でやり残した事や

タイミングが合わずに諦めた事があるとすれば

アーユルヴェーダを学ぶ事

 


セラピストとして

理論も何度も学んだし

施術もしていたけれど

なんだか片手落ちに感じて

大切な事が抜け落ちているような気がしていました

 


仕事を通して

アーユルヴェーダ関係者とのご縁も幾度もあって

いくつか学校も探していたのに

その度に何故かしっくりこなくて

決められずにいたけれど

 


今がタイミングだったんだと

『解り』ました

 


人に触れる事にも実に5年ぶりで怖れがありました

そんな思いとは裏腹に

まるでスイッチが入ったように目が輝いて

 


こんな和多志が

まだわたしの中に存在していたとは!

自分でも驚きました

 


ちょっしたブレイクスルー

 


この子の想いを満たしたその先に

新たに出逢える和多志がいるとも感じています

 


エネルギーとしても

進化していく意識としても

人間を知りたいという思いは

ずっと無くなっていない

 


今学んでいる事の

本当の意味を知るのは

もう少し先のことなのだろうけど

 


いつだって人はプロセスの途中なのだ

 

f:id:PUKU:20190328095715j:image

アリスカルディア数秘術

 

わたしの学んだアリスカルディア数秘術

認知心理学・生物学を始めとして

シャーマニズムや神秘思想 にも

造詣の深い天海ヒロさんが独自に深めたメソッドです。

 

エニアグラム同様

わたしがとても大切にしている

数のツールの一つ。

 

年明けに考えていたこと

 

✨去年を振り替えって感じている現在地

✨今年やろうと思っている事の方向性

✨乗り越える課題

 

この三つの確認の為に

今年も天海ヒロさんの

リスカルディアのセッションを受けてきました。

 

 

f:id:PUKU:20190214105754j:image

 

 

 

ヒロさんのもう一つの顔である

アニマンダラレクチャー

に、数日前に参加した時も

沢山のシンクロがあったので

ベストなタイミングでした。

 

 

特に

自己の女性性と男性性の

関係性において

 

考える・感じる

というのが

深く響いていて。

 

 

わたしは今、自分の中の

ウハネ=男性性 を育てているのだ。

という自覚がありましたが

そのあたりがとても明確になりました。

 

女性が女神になる為には

傷ついた女性性を癒して

男性性を育てていく事が必要です。

 

 

わからないながらも

右脳も左脳も

どちらも必要なのだと

ずっと

感じてきた事の顕在化でもありました。

 

 

裡なる導きと現実が

しっかりとリンクし始めているのを

今回のセッションで確認する事が出来ました。

 

 

新たなスタートを切るのに

うっすらと感じていた恐れを

自覚することも出来て

こちらも大きな収穫でした!

 

 

今年はわたしにとって 5 の年であり、

また第3サイクルの 9 の折り返し地点。

残りのサイクルも

しっかりやり切ろうと気持ちが引き締まる。

 

 

リスカルディアの復習的でもあって

アニマンダラの落とし込みと

ヌーソロジー的な確認でもある

なんとも贅沢な時間でした。

 

 

たっぷり

濃い時間を過ごす事が出来て、

大満足です♬

 

 

天海ヒロさん こと アニマンダラのアニさん

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

リスカルディア数秘術
https://m.facebook.com/ARITHKARDIA/

生命進化にみるココロのカタチ・アニマンダラ

http://animandala.com/

源の声 〜オーセンティックボイス〜

 


 8割の人は自分の声が嫌い

という本を読みました。

 

 

f:id:PUKU:20190226112023j:image

 

 

他者に聞こえている声は空気の振動を含んだ気導音ですが

自分の声は骨伝導で伝わるので

録音した自分の声を聴いてみると

多くの人が違和感を感じるのだそうです。

 


 

かく言うわたしも

JAZZレッスンを受けたり

ゴスペルに通いはじめた頃は

録音した声が自分のイメージと違って

やっぱり違和感がありました。

 

 


著者の山崎さんはこの本の中で

多くの女性達は【女性らしさ】という

【社会的な刷り込みを受けて形成された声】を使っている  

と指摘されていて、

 

これを『クレーンボイス』と呼び

クレーン女子の生きにくさを説かれていますが

クレーンボイスに対しての本物の声を

『オーセンティックボイス』=真実性のある声として

体の中のすべての骨、すべての腔を使った

その人本来の声=源の声と呼んでいます。

 

 

 

なかなか鋭い視点で面白く読めて

わたしも自己のオーセンティックボイスを

是非見つけたい!と思うようになりました。

 

 

 

自分の声をどうやって探していくのか?

という事はもちろん【 声に宿る本当の力】についても

書かれていて、とても興味を惹かれました。

 

 

~第4章 声を聞けば全てがわかる より 抜粋して引用~

 

古代のシャーマニズムでは神も悪魔も声に宿る

病を治す

声は生命、魂そのもの

 


今でもインドネシアの部族では

ある種の声によって

先祖の知識や歴史を瞬時に知る事ができると言われ、

西アフリカの生きた図書館と呼ばれるグリオは

何代にも渡る人々の膨大な系譜や歴史を声で伝えます

 

 

~引用ここまで~

 

 

抑圧した感情エネルギーの解放として

声を使うことはとても効果的だと

感じますし、情報としての音についても

数年前のベリーダンスのワークショップで

面白い体験をした事がありました。

 

 


3人のバイオリン奏者の音を聴いて

どのような人物像かを当てる  というものでしたが

イメージ遊びの大好きなわたしはすぐに

音から情景と人物像が浮かんできました。

 


ちょっとうろ覚えなのですが、確か

 


海辺に住む頑固な老人

ヨーロッパに住む若いけれど成熟した静かな人物


もう1人は、、、失念しましたが

 

この3つとも正解して

自分が一番驚いた事がありました。

 

 

人間は本来誰もが

こんな直感を持っているのだろう

と、思えたし

歌や踊りはそういう扉を開く根源的な

チカラがあるのだと

心から感じさせられた体験でした。

 

 

自己のオーセンティックボイスを探して

使っていく事は、私たちの中に眠っているチカラを

目覚めさせてくれるものだと感じています。

 

発表会に行ってきました♬

先日JAZZの発表会がありました。

わたしはOver the reinbowを歌ったのですが

映画の中で歌われていない導入部

varseと言われる部分も歌いました。

 

f:id:PUKU:20190213193959j:image

 

この、verseの部分を訳してみたところ

音から感じていたこの曲のイメージが全く変わってしまいました。

当時の歴史的背景を知って歌詞を読み取ってみると


大人達に対する希望とエールを込めた

歌のように感じたのが、結構衝撃でした。

 


そして本番ですが、、、。

一言で言うと

 

 


ルバートで歌うなんて

100年早かったー!!!

 


 

 

 

声も支えられず終始不安定な音になり

練習で出来ている事が全く出来なくて

まー撃沈でした。

 

 

普段の練習では

先生のピアノのリードに歌わされているだけで

甘えていた自分に気付けました。

 


演奏家の方が弾きにくそうだったのを

痛いほど感じましたよ。

無謀なチャレンジでした!

 

 


今回初めて楽譜を書いてみて

1小節にはいる音符の意味とか

リズム内に収めつつ遊ぶ事とか

なるへそー!と納得しつつ

 

 

すっごい高度な技術だよね、、、。

と、今更な汗も出てきて

意識すればするほど

ずれていくというループにハマる。

 

 

 

セッションは、甘くないぞという

洗礼を受けたような気持ちでしたが

JAZZのセッションとはどういうものなのか

少し身体で理解し始めた感がするので

大収穫でした。

 

 

 

 


発表会のトリには、Soul・R&B講師の

Maree Arakyさんが一曲歌ってくださって

ボーカルのリードによって演奏がどう変化するのかを

目の当たりにしました。

 

 

 

もうね、音が踊ってるの♬

 

 

 

大興奮と感動で

ボーッと魅入ってしまった。

Maree Araky さんのLive

観に行きたい!!!です❤️

 

 

 

そんな衝撃を受けた後は

すぐに西日暮里へ。

 

 

ボリウッドダンスを教わっている

富永利香先生のお誕生日ハフラへ伺いました。

発表会のハシゴって、人生で初めてでした。

 

 

 

これまたすごーく素敵なショーでした✨

 


関西と関東の土地のエネルギーの違いは感じていたけれど

女性達の踊りのエネルギーにも違いを感じて

自分の置かれている状況の変化というのか

成長の段階について、思う事がありました。

 

 

 

久しぶりにベリーのショーを観ていて

知っている曲がかかると

現実のショーをみながら

昔の映像が再生されてしまって

身体も動く。

 

 

 

過去と現在を一緒に過ごす濃密な時間と

なりました。

 

 

 

ダンスタイムも大盛り上がりで

観客の方の楽しそうなお顔と、会場の熱気に

改めて

人を楽しませるってすごい事だよな。

とも感じました。

 


利香先生のお人柄の出ていた暖かなショーでした!

 

 

自分のダンスに対する原点を思い返して

気付く事も沢山あったし

関西での2人の師を思い出したりもしながら

 

利香先生と

このチームの皆さんに会えて良かった

という気持ちに。

 

 

 

1時間ほどクールダウンしてから帰宅しましたが

さすがにこの日は

音から得る情報の多さに

身体が追いつかなくて大変でした。

 

 


またもや、やっちまった!

やり過ぎ感満載で反省です。

 

 

 

静かに過ごして

自分が戻っくるのに

丸2日かかりました。

 

 

ぼーっとしていたら

じわじわと

感じていたことが浮かび上がってきて

 

声や身体にたいするアプローチの

今後の方向性が

明確になって整理されたように思います。

 

 

 

これが数字の話にも絡んできたり

自己の中の男性性・女性性にも関係してきたので

また整理整理して書きたいところですが

書きかけの記事がまだ複数残っていもいて、、、。

 

 

 

アウトプット追いついてない=情報量取り過ぎ。

ちょっと意識的にペースダウンしないといけない模様。

 


世界にはまだまだわたしの知らないことが沢山あって

学び、探求して、発見することはとても楽しいけれど

言語化の練習も身体の理解を確認しつつ

暴走しない事が大切かなと思うこの頃です。